蛙藤のつれづれがき

蛙藤は「あとう」と読ませたい。本、ゲーム、アナログゲーム、勉強、適当に適度につれづれと。

2016年の買って・使ってよかったもの

これ、年末になると記事が上がりますよね! 自分もこういうのが好きで、よく閲覧しています。

今年は大きく状況が変わった年だったので、個人的な記録も兼ねて、先人様方にならっていきたいと思います。

 

 

Habitica

habitica.com

 

これを速攻で1番に持って行くくらい、良いアプリです。基本無料です。

おかげで、毎日の良い習慣が身につき、リズムをつくることができました。

 

自分の人生をRPGのように見立て、タスクを達成することでレベルアップしていくアプリです。

 

f:id:kaeru_atou:20161226105603j:plain

 

毎日やると決めた「日課」をこなさないとダメージを受けたり、クエストを受けてボスを倒したり、指定のアイテムを集めたり。

 

レベルアップで職種も選択でき、仲間とパーティーを組んでクエストを受けられます。

知人を巻き込むことで、さらにやる気が湧くことでしょう。(私みたいな1人パーティーでも相当楽しいので!)

 

とにかく、タスク消化しようとする「やる気」が起きるんですよね。

「もう少しでレベルアップだから頑張ろう!」とか、「ダメージ受けたくない、タスクやらなきゃ!」とか。

  

英語がメインですが、有志の方々が日本語話者のギルドを作って、翻訳もしてくださっています。とても親切な方ばかりなので、日本語wikiを見てもわからないところは質問すると丁寧に教えてくれますよ。

翻訳など、運営に貢献した人は「英雄」として特別なバッジを受け取ったりできることもあり、ゆくゆくはちょっとでも私も貢献できたらな、と考えています。

 

本当にオススメ。やる気でます。

 

 

 

Audible

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

 

 

 

 有料でオーディオブック(本を朗読した音源)を聞き放題にできます。

 

聞いているのはビジネス本が主で、2倍速にして聞き流しています。

ビジネス本って、自分のしっくりくる点が見つかればいいなという程度の本が、たくさんあるんですよね。その部分を探すためにて聞き流し、大切な部分が聞こえたらメモをしています。

この、どうでもいい部分は聞き流せるっていうのが便利です。

一度ストーリーものも聞きましたが、自分には合いませんでした。このあたりは単純に好みでした。

 

知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼロ時代の新しい帝国主義<知らないと恥をかく世界の大問題> (角川新書)

池上彰さんの「知らないと恥をかく〜」シリーズは、特に何回も聞いています。

ニュースを見ていて、ふと耳で聞いた内容を思い出し「そういうことか!」と分かる瞬間が多くなりました。

 

ただ、月1500円かあ、と思うところもなくはないです。

たくさん種類が揃っている、というわけでもなさそうなので(それでも国内最大なのかな?)。 

FeBeも有名ですが、テキストごとの購入(しかも書籍と大体同じ値段)なのがイタいです。それなら電子書籍か現物で買って、繰り返し読めるようにするかなあ……

 

 

 

ポメラ 

上はDM200です。10月に発売だったかな?私は、DM100を7月に購入しました。。。あああああああああああ

……って後悔するくらい、DM200と100には差があります。

それは、変換能力の差。

 

DM100はとにかく誤変換が多い!

お馬鹿なんですよね。覚えるのも遅いので、これなら自分で辞書に入れた方が早い!っていうのが多くて。

その一方、新しいDM200は、「パソコン並み」の変換を謳っています。

ポメラ専用日本語入力システム ATOK for pomera [ Professional ]
ポメラ」向けに最適化された専用のATOKを搭載。
パソコン版ATOKと同様に、入力した文章を解析して日本語をかしこく変換できるほか、
従来機と比較して語彙数が約3倍になり、スピーディーで正確な日本語入力を実現しました。

 

さらに、無線LANも搭載。
DM100の場合はBluetoothでファイルをブラウズできますが、もっと便利になっていますね。Macなのでなおさら助かります。

 

どちらにも辞書機能はついていて、ちょっとした英語がわからなかったりするとき、ネットだとそのまま遊泳してしまうので、ポメラを開くようにしています。

 

文字を書く人にとっては、新旧ともに持ち運びも楽で使い勝手がいいものなのです。

だがしかし、型落ちしていたとしても、DM100よりDM200が良いです。絶対。

あー、キングジムさま、ポメラ買い替え制度とか設けてくれないでしょうか……。

 

 

 

てにをは辞典・てにをは連想表現辞典

てにをは辞典

てにをは辞典

 

 

てにをは連想表現辞典

てにをは連想表現辞典

 

一時期twitterで話題になった、類語辞典のたぐいですね。

 

前者は、伝えたい単語の、後に続く表現や用法を探し、確かめることができます。

例えば「大騒ぎ」なら、「上へ下への」といった表現がつきますが、なんだか違和感を覚えますよね。

そこで検索すると、「大騒ぎ」の項目には「上下への」とあり、こちらが正しい表現なのだとわかる、という寸法です。

 

後者は、使用する単語に使える表現や、その単語に類似した表現を、小説などから例として参照することができます。

「大騒ぎ」なら、「驚天動地の」「オモチャ箱をひっくり返したような」など。

 

基本は前者の「てにをは辞典」で、特徴的な表現を広げるために後者の「てにをは連想表現辞典」を使用するかたちになります。

ただ、索引から見ないとわかりづらい(特に連想表現辞典)欠点もありますので、注意が必要です。

 

表紙のデザインも良いですよねえ。文章を書く人の心をくすぐります。

 

 

 

ニコニコチャンネル:ゲーム実況者「いい大人達」

ch.nicovideo.jp

この実況者さんたちが好きで、チャンネルを開設していたので入ってみました。

レトロゲームをメインに、生放送ではアナログゲームをしたり、アイロンビーズやレジンなど細々いろんな遊びをしていたり。

クトゥルフTRPGもしていたり。(書籍も発売中!)

 

とにかく垂れ流しなのが良い。そこが良い。

テレビ番組みたいな編集の動画って増えましたけど、「かじりついて見てね!」っていうタイプがあまり好きでないので。

今見たら、チャンネル動画数1273本でした。しかも大体30分越え。何だそれ。

 

 

 

細々したもの

ボアパーカー

www.uniqlo.com

数年前に買ったパーカーなので、上記のものとは違いますが。本当に暖かいです。

冬は大体これを着て、フードをかぶって寝ています。もう1着欲しいくらい。

人目のつかないところでは(家の中とか)大体フードをかぶっています。何となく頭部を保護したいんですよね。

 

 

Bluetooth (ワイヤレスイヤホン)

以前から使用してはいたのですが、イヤフォンと一体型のタイプが苦手で、首に回している感覚がしっくりこなかったんです。

 

そこで、普段使っていたイヤフォンを挿して使用できるBluetoothを購入しました。

基本家事をするときは、ニコニコ動画かAudibleを聞いているので、毎日使用しています。イヤフォン自体の線は無くなりませんが、動き回れるのは本当に快適。

 

意外と盲点なのは、クリップの形状です。

マネークリップのようなタイプの方が、取れにくく壊れにくいと感じました。

つまみで開けてから挟む一般的なタイプだと、取れやすいし、壊れた際にバネがひっかっかって服が悲惨なことになりました……。

 

 

Crowd4U

crowd4u.org

 ネット上で行えるボランティアです。

手書きの丸で、どっちの方がきれいに見えますか?とか、古い書籍のこの文字はこれで合っていますか?とか、指定された地点に建物は見えますか?とか。

ワンクリックですぐできるものばかりで、それらは古い書籍をデジタル文章として残したり、被災地の被害確認のボランティアとなっています。

 

最初は上述したHabiticaで「ボランティアをしよう」という公式のチャレンジがあったからなのですが、これは日課としてちょこちょこ貢献していけたらいいなと考えています。

すんごく楽です。そして金銭も絡まない。嬉しい。

 

 

まとめ

こんなものでしょうか。

特に毎日お世話になっているのは、HabiticaとBluetoothといい大人達の皆さん。

とにかくHabiticaはおすすめですので、ついtodoアプリが三日坊主に……という方はぜひお試しください。