読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙藤のつれづれがき

蛙藤は「あとう」と読ませたい。本、ゲーム、アナログゲーム、勉強、適当に適度につれづれと。

本とKindleとAudibleを併用してたくさん読書

 

 

 

事情もあり余裕もありまして、今たくさん本を読みたい気分です。

意識的に本を読むため、ツールを活用するようにしました。

具体的にはタイトル通り、Kindle電子書籍)とAudible(オーディオブック)です。

とりあえずAmazon関連でまとめてみた、という感じ。

かなり自分の使い方が固まってきたので、それぞれどんなタイプで分けて使用しているか、まとめてみようかと思います。

 

 

 

  • 書籍

すぐに書籍を買ってコレクションしたいもの

作者を応援したいもの

書店で目がついて今すぐ読みたいもの

電子書籍化するのに時間がかかり、待たずに読みたいもの

書き込みをしたいもの

 

これは自分の考え方なのですが、

「この作品が面白い(売れる)ということを、書店員さんに知ってほしい」

というのもあります。

 

実は、書店で通常版/特装版を予約していたら、少し後にごっそりその漫画を全巻棚に置いてくれたことがありまして…

「こういうことでも私は作品の為に力になれるんだ!」

と思ったのです。

 

資格、試験、勉強に関するものは、言わずもがなですね。

 

 

 

漫画全般

セット購入で安くなるもの

また、物質的にかさばりそうな長編

あとは、外見で偏見を持たれかねない(=物理的に置いておきたくない)もの

 

 

Landreaallは一番好きな漫画。2016年3月現在27巻まで出ています。

ことあるごとにお勧めしているのですが、新規の読者が27巻は負担が大きいと思います。

今から読むならこれがおすすめ。

ちなみに前述した、書店予約の作品がこれです。

 

同じ作者さんのエビアンワンダーは、コンプリート版も出ているので是非。

ラストに感動して、なぜか賛美歌と鐘の幻聴が聞こえたのを覚えています。

(注意:Kindle版ではなくコミックです)

 

 

外見で偏見を持たれそうなものとは、例えば。 

この漫画は、男女関係や処世術や外見に関するネタが 豊富。

しかも分かりやすいし絵もきれい。

ただ、題名だけが…

(そんなの気にしないよ!という人もいるでしょう。私の自意識が公園の滑り台の下に埋めたい位の大きさなだけです。すみません)

 

 

一昔前のKindle paper white、iPhoneiPad、PCにKindleアプリを入れています。

基本はiPad、外ではiPhoneが多いです。

iPadは漫画をメイン。ただ、ベッドサイドで読むには大きいし重いです。

その為、最近はpaper whiteを引っ張りだしてきています。こちらは白黒なので小説メイン。

とにかく気になったものはすぐ試し読み、と読書に関するハードルが低くなるのが一番のメリットかもしれません。

 

 

 

  • Audible

外出時や、家事中に聞くためのもの

ハウツー本や落語、日本文学の名作など

 

下記のオーディオブックもさっと聞いたものです。

最初の「めんどくさいをなくす4項目」だけでも一見(一聴?一聞?)の価値あり。

「めんどくさい」がなくなる本

「めんどくさい」がなくなる本

 

 

 

Audibleは月額なので、何冊ダウンロードしても良いのが嬉しいです。

(恐らく、冊数が多くないこともあるのでしょうが)

私はハウツー本を読むのが好きです。節操無く何でも読み、それで満足して終わる。

なので正直、金額に見合ったスキルを自分が持てるかと言うと、もちろんそんな訳もなく。

そういった点で、月額であることと何かをしながら聞けるのはコストパフォーマンスが良いですね。

地味に速度を変えられるのがポイント。しかも細かい。1.25、1.5、2、2.5、3倍…

大体1.5倍で聞いています。聞き取りやすいと2倍。

私は行っていませんが、語学勉強にも適切だと思います。

 

残念な点は、冊数が少ないこと(録音する手間上仕方ないのですが)。

更に、PCにはアプリがない。つまり、現在はiPadiPhoneのアプリでしかオーディオブックを聞けないことです。

AppleiBooksiTunesのオーディオブックも考えましたが、どっちの方が良いんでしょう。

こちらは要検討。今のところは満足といったところです。

 

 

 

このような感じ。

オーディオブックはかなりおすすめです。

テキスト読み上げサービスもありますが、使い勝手はあんまり…でした。

ニコニコ動画でのゆっくりに慣れているのか電子的な読み上げに全く躊躇は無いのですが。

一日に聞ける時間が制限されていたり、速度が変わらなかったり、読みミスが著しかったり。

もう有料でも良いから沢山聞こう!と思い切ると、とても快適に読破量が増えていきます。

 

みなさまもぜひどうぞ。プライム会員でなくても一ヶ月無料みたいです。

試して合わなければやめられる。それも良いところですね。

(プライム会員にいつの間にかなっていたのは許さないが)