蛙藤のつれづれがき

蛙藤は「あとう」と読ませたい。本、ゲーム、アナログゲーム、勉強、適当に適度につれづれと。

「初心忘るべからず」[Habitica創作SS]

 

 

これは、「実生活での習慣を改善するゲーム」『Habitica』のハロウィン企画、創作SSです。

https://habitica.com/static/features

 (過去記事でHabiticaを紹介しています。ご存知ない方はHPかこちらをどうぞ)

kaeru-atou.hatenablog.jp

 

 

 

『私は蛙藤、あとうと読む。もうすぐレベルが100に届く戦士。今は転生を目標に、日々タスクという名のモンスターを倒している。

私の趣味は、戦士っぽくない服装をしてはすぐ衣装をチェンジすること。

魔法使いのようなローブと、見た目が派手な紫色の旗、そしてペットのカエルが特にお気に入りだ。

最初のボス・センタクロマンサーを倒してから、いくつものクエストを達成してきた。

ホコリウサギを見た時は、(なんて訳が秀逸なんだ!)と感動したものさ。
次の人生では、華麗な魔法でも楽しもうかと思っているよ、HAHAHA』

 

……とロールプレイングして、Habiticaを楽しむのが日課です。お恥ずかしい。

まあ、今夜はその遊びも終わりにしましょう。

いつものようにHabiticaにアクセス。かろうじて日課を全て倒し、遅々として進まないtodoのリストをやっと1つだけチェック。そして「23時には寝る!」という習慣を1つプラスにし、パソコンの電源を落としました。
一度リビングへ行こうと、扉を開けます。身の丈数メートルのカエルがいました。

 

あまりの驚きと怖さに全身を震わせた私を、カエルが見つめています。

彼(?)は汚い洗濯物を着込み、憤怒の形相らしく、目を見開いております。カエルが怒っている表情を、私は初めて目の当たりにしました。今まで見たことのある方がいらっしゃるのでしょうか否ない。カエルに睨まれた状態です。
屋内なのに松明を持っています。青い炎が天井近くまで揺らめいていました。
その炎に照らされながら、

 

「Treat me or I’ll trick you.」

 

すっごく流暢な英語で、カエルは話しかけてきました。完璧な英語です。

え? と私がおっかなびっくり首をかしげると、「あーこいつ分かっとらんな」という顔で、カエルはスタスタとキッチンへ。冷蔵庫をバカン!と思い切り開け、中からケーキを取り出しました。
明日はハロウィン。冷蔵庫にはかぼちゃのケーキを用意していたのです。
大きなかわいらしいお口で、ケーキをひとのみ。彼は満足そうに、私の方へ向き直りました。
すわ、次は私か。
と思ったのもつかの間、カエルは私に、きらめく玉を差し出しました。

 

それは「転生のオーブ」
Habiticaではレベルが100になると、「転生のオーブ」がもらえます。
それを使うと、「戦士である自分」から「他職種の自分」に生まれ変わるのです。

あれ。
しかしそれを使ったら、「戦士である自分」はどこへ葬られてしまうのだろうか。
そうだ、彼が着ていたのは。レベル若かりし頃に使い古した、最初の装備だった。
そうだったのか、彼の憤怒の面持ちは。冥土へ送られたことへの怒りだったのだ。

 

彼はこう言ったのです。
「Treat me or I’ll trick you.」
いわく、「私を敬わねば、お前をたたるぞ」と。

 

玉を受け取りテーブルに置いて、私は、とりあえずベッドに入りました。
なぜだろう、あんなに心臓が飛び跳ねていたのに、無性に眠くてたまらない。底なし沼に落ちるように、どろりと眠気が……。


朝。

なんだか不思議な夢を見たような気もするけれど、うーん覚えておりません。
私はまたHabiticaをチェックし、タスクを潰そうと七転八倒するロールプレイングを続けます。RPGといいますかこれ完全な妄想ですね、はい。

やった、ようやく、めでたく、レベル100!

『私はようやく成し遂げたのだ。転生のオーブが掌中で七色にきらめく。さっそく魔法使いに転生するぞ!いやあ、戦士は探し物が苦手だったからなー。クエスト大変だったのよな!今日は遊びまくってやるか、へへへ……」


ピンポン。チャイムが鳴りました。
宅配便?
モニターを見ても、誰も写っていません。
マイクからは、ペタペタ、という湿ったぬめりのある音。

そして、完璧な英語。

 

「Treat me or I’ll trick you.」

ケチらずエアコンをつけていたら、電気代を賄えた話。

 

大学生で一人暮らしをしていた頃は、電気代が勿体なく思え、エアコンを使用することは年に数日、といった状況でした。

かといって暑さに強いわけでもなく(むしろ弱小)、最近ではちょっと外出して用事を済ませようとすると熱中症ぽくなるという体力のなさです。

 

そんな大学時代はどうしていたのかというと、窓全開、換気扇も全開、扇風機フル稼働、保冷剤を複数用意し交代で利用、などなど。

汗をかくのも厭わず、逆に「体にいいんじゃない?」とか思っていました(若い)。

 

けれど、さすがに無理がきかない年齢になってきました。

以前にも書きましたが(いつの話だよってね)、都会に出て熱中症を起こした頃から、そう、わかってきました。

 

無理できないんだわ。無理は無理なんだわ。

そのため、エアコンは昨日からドライ弱、扇風機は適度に回している次第です。

 

結果どうなったのかというと、

仕事がすすむすすむ。

暑さにかまけて思考放棄することもなく、汗を拭いたりとにかく水分を過剰摂取することもなく。

暑さで集中力が削れることがないので、一定時間継続して仕事に取り組めます。

 

そのため、新規の仕事もできるようになり、結果、

「もし増えていたとしてもこんぐらいだろー」

と見積もっていた電気代を超える価格の仕事を(まあつまりは少しなんですけど)請けおうことができました。

わーい。

 

自分の健康状態も悪化しないし、こまごましたこと(窓とか保冷剤替えなきゃとか水飲まなきゃ)とか考えなくていいし、お金はもらえる。

 

ちゃんと冷房はつけよう、そう思います。それだけです。

涼しいは幸せ。

 

<<やるべき/やりたい/できる>こと>

 

今、周囲の状況が結構な荒波であることも相まって、自分の生き方に関する決断を迫られている。

 

 

そりゃ霞を食って税金も納めずに生きていければそれが楽ちんなんだけれど、もしそうだったとしても、欲があるのが人間というもので、大体の欲はお金で買えるから、じゃあまずはお金が欲しいということになる。

 

「今の日本は息を吸うのにもお金がかかる」とは、どの本で見た発言だっただろうか。

 

不特定の人物と話すのがすっかり嫌になってしまって、多分やらなくてはいけない状況になればそつなくこなせるのだれど(ちょっとだけ自信はある)、できることとやりたいことは違うのだなあと嘆息はする。

 

 

 

本やネットの海に潜ってみると、やりたいこととできることが違う場合、「やりたいことをするべき」、「できることをするべき」、両方の意見が散見される。

 

どっちがいいのだろう?

 

www.ikedahayato.com

 

やりたいこと、できること、実際やることの範囲を被らせるようにしていくことが良い、という記事。

 

 

www.b-cafe.net

「やるべきこと=今の環境で自分の果たすべき役割」
「やりたいこと=理屈ではなく感情的に自分が望む事」
「できること=いまの自分の経験や能力から実行可能なこと」

 

また、自分が望むことと、社会や他者が望むことがイコールではない場合もある。

 

 

最近のブラック企業うんぬんは、

 

「君にはやりたいことはあるかい?ないよね?

 そりゃそうだ、君にできることなんてないんだから。

 でもね、やるべきことはここにたくさんあるよ!」

 

って囁き続ける悪魔なんだと思う。

その囁きに負ける気持ちが分かる。

「やるべきこと(やらなければいけないこと)がたくさんある」

と言われることは、「君を必要としているよ」と言われているように感じるから。

本当は「君(という名の労働力)を(曲がりなりにも)必要としているよ」なんだけれど。

 

 

世界は善意でできていると思いたい。

 

けれど、脳の萎縮によって暴言・暴行をする人はいるし、

www.j-cast.com

 

言質をとられまいと必死になった上であわよくば貶めてやろうという人もいるし、

toyokeizai.net

 

こういう記事を見るたびに疲れてしまう。

 

 

じゃあネットをしなければいいのでは?と考えても、そうもいかない事情(仕事とかね)があったりする。

 

究極的には、生きることにインターネットが必要ということはまだないんだけれども、生きるためにお金を稼ごうとすると大体必要になってくるのが今の社会。

 

 

 

ちょっと海で泳ぐのに疲れたので、こんな記事を書いてしまいました。

いや、実際は海を眺めていた、それだけなんだけれど。

 

 

4月の初めは雨になるそうです。

 

メモ:コンシューマーゲームが対抗すべき「手軽さ」について。

www.youtube.com

 

 

 

 

最近PSvitaをお借りしまして、「サガ スカーレット グレイス」をプレイしようとしています。

 

サガシリーズ、実はプレイしたことはなく、ゲーム実況で知っている程度です。

偶然見た、いい大人達が出演している生放送がすごく面白そうで、購入を決意しました。

live.nicovideo.jp

 

 

しかし、やる時間は作らないと無いもんですね……。未だにOPも見ていません。

おそらくその理由の一つは、スマホアプリのゲームだと睨んでいます。

(そしてその他の理由としては、私の時間管理不足とか、ゲーム愛の足りなさとか……)

 

 

時間を消費させるシステムが揃っているんですよね。

スマホの携帯性とか、スタミナとか、ログインボーナスとか、さっと遊べるゲーム性とか。

 

「どこでも空き時間にできる」

「持ち運びしやすく、半ば携行必須のスマホに付属する」

「基本無料が多い」

という、手にとって目に付く回数が増えやすい状況が整っていて、

 

「スタミナが溢れるともったいない」

「この時間を逃すともったいない」

という、手にとってほしい内容も整えていて。

 

うーん、依存するのもわかる。

 

 

 

携帯性、手軽さを求めることで、こういった性能が不足しがち(家じゃないとできない)なコンシューマーゲームは危機的な状況にありますね。

 

「NINTENDO SWITCH」も、この「手軽さ」を重要視していることがわかります。


【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

 

 

 

ただ、スマホアプリにはこういう予想もあり。

 

weekly.ascii.jp

 

Google GlassGoogle Nowが連動するウェアラブル環境では、操作不要の非アプリインターフェースとなるため、サードパーティーがアプリのように何かこの環境で商売するためには、Googleのようなプラットフォーマーに対してコンテンツを提供するぐらいしかできなくなるだろうとのこと。

 

没入感を楽しむタイプのゲームもあれば、操作性を制限されているが故の面白さがあるゲームもあるので、ウェアラブル端末でのゲームがどうなるかは未知数な気もします。

また、VRなどは、目新しさはありますが、いつどこでもできるというわけではありません。

 

 

 

もちろん、どちらも楽しいのだから、いいだろ!ということでまとまるのですが。

スマホゲームについ時間をとられて、コンシューマーゲームから少し離れてしまった身から、こんなことをつらつらと考えていました。

 

NS、いいな。欲しい。ゼルダも同日に出るし。

 

www.youtube.com

www.nintendo.co.jp

メモ:読了した書籍リスト(2017/1)

 

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF)

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF)

 
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

パシフィック・リム」のような男女バディ?もの。

第二次世界大戦で日本が勝利した世界。

ネオ日本かと思ったら、中盤からは革命アメリカ感。

最後は尻すぼみ?とも思ったけれど、さらっと読めて面白かった。母くじらが好き。

 

 

創世の島  

創世の島

創世の島

 

隔離した国を作りウイルスを避けた未来の国において、歴史の口頭試問を通じて世界の秘密を明かしていくSF。

最後の数ページが驚き、というのが売り文句だけど、ままある結末。しかしこの結末こそ文学形態の良さ。

結末に至る主人公の心情が切なさを煽る。

 

 

 

コンビニ人間 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 芥川賞作品。祖母が購入していたのを借りて読む。

コンビニという概念を中から描いており、その中に違和感なく溶け込む静かな狂気も良い。さらっと読めて良い。1300円は、高い、かも、しれない。

 

 

 

 Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE

Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)

Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)

 

 前2作は読了済。前回よりも確実にレベルアップしているのがわかる。

読み終えたあとは、やったー!と満足感。次回が気になる。

しかし、図書館には4冊分しか置かれていない……amazonを見ると、他にもたくさんあるようだ。うーん気になる。

 

 

 

 

2016年の買って・使ってよかったもの

これ、年末になると記事が上がりますよね! 自分もこういうのが好きで、よく閲覧しています。

今年は大きく状況が変わった年だったので、個人的な記録も兼ねて、先人様方にならっていきたいと思います。

 

 

Habitica

habitica.com

 

これを速攻で1番に持って行くくらい、良いアプリです。基本無料です。

おかげで、毎日の良い習慣が身につき、リズムをつくることができました。

 

自分の人生をRPGのように見立て、タスクを達成することでレベルアップしていくアプリです。

 

f:id:kaeru_atou:20161226105603j:plain

 

毎日やると決めた「日課」をこなさないとダメージを受けたり、クエストを受けてボスを倒したり、指定のアイテムを集めたり。

 

レベルアップで職種も選択でき、仲間とパーティーを組んでクエストを受けられます。

知人を巻き込むことで、さらにやる気が湧くことでしょう。(私みたいな1人パーティーでも相当楽しいので!)

 

とにかく、タスク消化しようとする「やる気」が起きるんですよね。

「もう少しでレベルアップだから頑張ろう!」とか、「ダメージ受けたくない、タスクやらなきゃ!」とか。

  

英語がメインですが、有志の方々が日本語話者のギルドを作って、翻訳もしてくださっています。とても親切な方ばかりなので、日本語wikiを見てもわからないところは質問すると丁寧に教えてくれますよ。

翻訳など、運営に貢献した人は「英雄」として特別なバッジを受け取ったりできることもあり、ゆくゆくはちょっとでも私も貢献できたらな、と考えています。

 

本当にオススメ。やる気でます。

 

 

 

Audible

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

 

 

 

 有料でオーディオブック(本を朗読した音源)を聞き放題にできます。

 

聞いているのはビジネス本が主で、2倍速にして聞き流しています。

ビジネス本って、自分のしっくりくる点が見つかればいいなという程度の本が、たくさんあるんですよね。その部分を探すためにて聞き流し、大切な部分が聞こえたらメモをしています。

この、どうでもいい部分は聞き流せるっていうのが便利です。

一度ストーリーものも聞きましたが、自分には合いませんでした。このあたりは単純に好みでした。

 

知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼロ時代の新しい帝国主義<知らないと恥をかく世界の大問題> (角川新書)

池上彰さんの「知らないと恥をかく〜」シリーズは、特に何回も聞いています。

ニュースを見ていて、ふと耳で聞いた内容を思い出し「そういうことか!」と分かる瞬間が多くなりました。

 

ただ、月1500円かあ、と思うところもなくはないです。

たくさん種類が揃っている、というわけでもなさそうなので(それでも国内最大なのかな?)。 

FeBeも有名ですが、テキストごとの購入(しかも書籍と大体同じ値段)なのがイタいです。それなら電子書籍か現物で買って、繰り返し読めるようにするかなあ……

 

 

 

ポメラ 

上はDM200です。10月に発売だったかな?私は、DM100を7月に購入しました。。。あああああああああああ

……って後悔するくらい、DM200と100には差があります。

それは、変換能力の差。

 

DM100はとにかく誤変換が多い!

お馬鹿なんですよね。覚えるのも遅いので、これなら自分で辞書に入れた方が早い!っていうのが多くて。

その一方、新しいDM200は、「パソコン並み」の変換を謳っています。

ポメラ専用日本語入力システム ATOK for pomera [ Professional ]
ポメラ」向けに最適化された専用のATOKを搭載。
パソコン版ATOKと同様に、入力した文章を解析して日本語をかしこく変換できるほか、
従来機と比較して語彙数が約3倍になり、スピーディーで正確な日本語入力を実現しました。

 

さらに、無線LANも搭載。
DM100の場合はBluetoothでファイルをブラウズできますが、もっと便利になっていますね。Macなのでなおさら助かります。

 

どちらにも辞書機能はついていて、ちょっとした英語がわからなかったりするとき、ネットだとそのまま遊泳してしまうので、ポメラを開くようにしています。

 

文字を書く人にとっては、新旧ともに持ち運びも楽で使い勝手がいいものなのです。

だがしかし、型落ちしていたとしても、DM100よりDM200が良いです。絶対。

あー、キングジムさま、ポメラ買い替え制度とか設けてくれないでしょうか……。

 

 

 

てにをは辞典・てにをは連想表現辞典

てにをは辞典

てにをは辞典

 

 

てにをは連想表現辞典

てにをは連想表現辞典

 

一時期twitterで話題になった、類語辞典のたぐいですね。

 

前者は、伝えたい単語の、後に続く表現や用法を探し、確かめることができます。

例えば「大騒ぎ」なら、「上へ下への」といった表現がつきますが、なんだか違和感を覚えますよね。

そこで検索すると、「大騒ぎ」の項目には「上下への」とあり、こちらが正しい表現なのだとわかる、という寸法です。

 

後者は、使用する単語に使える表現や、その単語に類似した表現を、小説などから例として参照することができます。

「大騒ぎ」なら、「驚天動地の」「オモチャ箱をひっくり返したような」など。

 

基本は前者の「てにをは辞典」で、特徴的な表現を広げるために後者の「てにをは連想表現辞典」を使用するかたちになります。

ただ、索引から見ないとわかりづらい(特に連想表現辞典)欠点もありますので、注意が必要です。

 

表紙のデザインも良いですよねえ。文章を書く人の心をくすぐります。

 

 

 

ニコニコチャンネル:ゲーム実況者「いい大人達」

ch.nicovideo.jp

この実況者さんたちが好きで、チャンネルを開設していたので入ってみました。

レトロゲームをメインに、生放送ではアナログゲームをしたり、アイロンビーズやレジンなど細々いろんな遊びをしていたり。

クトゥルフTRPGもしていたり。(書籍も発売中!)

 

とにかく垂れ流しなのが良い。そこが良い。

テレビ番組みたいな編集の動画って増えましたけど、「かじりついて見てね!」っていうタイプがあまり好きでないので。

今見たら、チャンネル動画数1273本でした。しかも大体30分越え。何だそれ。

 

 

 

細々したもの

ボアパーカー

www.uniqlo.com

数年前に買ったパーカーなので、上記のものとは違いますが。本当に暖かいです。

冬は大体これを着て、フードをかぶって寝ています。もう1着欲しいくらい。

人目のつかないところでは(家の中とか)大体フードをかぶっています。何となく頭部を保護したいんですよね。

 

 

Bluetooth (ワイヤレスイヤホン)

以前から使用してはいたのですが、イヤフォンと一体型のタイプが苦手で、首に回している感覚がしっくりこなかったんです。

 

そこで、普段使っていたイヤフォンを挿して使用できるBluetoothを購入しました。

基本家事をするときは、ニコニコ動画かAudibleを聞いているので、毎日使用しています。イヤフォン自体の線は無くなりませんが、動き回れるのは本当に快適。

 

意外と盲点なのは、クリップの形状です。

マネークリップのようなタイプの方が、取れにくく壊れにくいと感じました。

つまみで開けてから挟む一般的なタイプだと、取れやすいし、壊れた際にバネがひっかっかって服が悲惨なことになりました……。

 

 

Crowd4U

crowd4u.org

 ネット上で行えるボランティアです。

手書きの丸で、どっちの方がきれいに見えますか?とか、古い書籍のこの文字はこれで合っていますか?とか、指定された地点に建物は見えますか?とか。

ワンクリックですぐできるものばかりで、それらは古い書籍をデジタル文章として残したり、被災地の被害確認のボランティアとなっています。

 

最初は上述したHabiticaで「ボランティアをしよう」という公式のチャレンジがあったからなのですが、これは日課としてちょこちょこ貢献していけたらいいなと考えています。

すんごく楽です。そして金銭も絡まない。嬉しい。

 

 

まとめ

こんなものでしょうか。

特に毎日お世話になっているのは、HabiticaとBluetoothといい大人達の皆さん。

とにかくHabiticaはおすすめですので、ついtodoアプリが三日坊主に……という方はぜひお試しください。

 

本が好きだったことを思い出した。

いやいや、前回の日記から1ヶ月過ぎてますぜ。

 

前回でお話ししていた本はもちろん読み終えました。

錆と人間 (ビール缶から戦艦まで)

錆と人間 (ビール缶から戦艦まで)

 

 これ。骨太だった……。

アメリカの自由の女神像だったりパイプ内を調査するロボットの話だったり錆を写真に撮る女性の話だったり缶詰協会から追い出しを食らう著者の話だったり。

面白いけれど、冗長だった。テーマは面白いんだけれど。話は面白いんだけれど。

 

 

 

現在私はビジネス本とSFにはまっていて、特にこれが楽しみなのです。 

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 

 

コンパクトに上下巻でまとめられた文庫を買ったんだけれど、このハヤカワSFの、ポケットブックサイズがものすごく格好良くて好き。なんでこれで買わなかったのかと後悔。「紙の動物園」と並べたかったのに。

 

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 

これめっちゃいい話なのでぜひ。

短編集ですが、個人的に外れがなかったです。

表題と「もののあはれ」、「愛のアルゴリズム」「1ビットのエラー」が特に好き。 

 

 

ここ数日で神保町に行ったのもあり、読書ブームが訪れたのですが、これまでにあまりにもサボりすぎたのでは?と反省した次第です。

 

また、ものごとを書くことが増えたので、どんどん活字熱を再燃させていかないとなあとぼんやり考えました。

インプットとアウトプット、そしてそれぞれの中でも比率がありますし。

 

どうでもいいお話でした。